TOP
46.99score

HAPPY

スポンサーKataribe

どこへ行くのも車で、もちろん近くのスーパーでも。

私が免許を取得したのは、30歳になる少し前です。それまでは運転免許を取ろうとも思っていませんでした。誰からか忘れましたが、30歳をすぎると教習所に通う費用が「年齢」の為に高くなるという情報を聞いて、それは困ると重い腰を上げたように思います。車にも興味がなかったし、運転にもまったく興味がなかったのでそれはそれはもう勘が悪く、学科は一発合格したものの、実技は何回も落ちました(汗)。そんな私でも、今では高速道路もブンブン走れるようになっております。
まず、運転上手になるには、車の大きさや軌道を知ることです。例えば運転席からある方向を見たとして、この位置なら曲がれるけれど、この位置なら曲がる時に車体を擦ってしまうというような情報を、少しでもたくさん知ることです。たいてい、まっすぐに走る分には問題がないけれど、細い道で他の車とすれ違う時や、縦列駐車をしなければならない時にどうハンドルをきれば良いのかがわからない為に「運転が下手だ」と言われてしまうのだと思います。
では、どうすればそんな情報を知ることができるかと言うと、それはもう運転する機会を増やすことしかありません。私が通っていた教習所には、自家用車を持ち込んで練習しても良いというオプションがあったので、免許取得後にとりあえずそれを利用して練習しました。もちろん、教習所には歩行者も対向車もさほどいませんから簡単です。練習しないよりはした方が良かったと思いますが、教習所の車の方が良い車だったような記憶しかありませんので、あまり効果はなかったのかな(笑)。
それよりも、普段の生活において何をするのも、いつもは電車や自転車で通っていたような場所にでも、車を運転して行くようにしました。特にスーパーなどでの買い物は、駐車券をもらったり、車庫入れをしたり、結構良い練習になるのでお勧めです。ミッション車を運転していた友達に聞いた話ですが、初心者の時に高速道路の料金所でエンジンが止まってしまったことがあるそうですから、駐車場入口・出口でよく練習をしておくと良いです。
そうして少しずつ距離を伸ばしていき、自信がついてきたら高速道路にもチャレンジしていきましょう。初心者の時は運転することに慣れていないだけで、勉強したてですから交通法規にも詳しいし、運転技術も一番高いと思います。一回めの免許更新までにある程度どこにでも行けるようになっていると、その後もずっと運転を楽しむことができますよ。一度、自転車に乗れるようになったら、後はずっと乗れるのと同じような感じだと、私は思っています。

.

最終更新日:2016-07-31 21:49

コメント (0)