TOP
32.19score

HAPPY

なるほど・・・

一人暮らしで借金するとき

一人暮らしのときとくに貯金は必要。

逆に世の中貯金できなくて、必要なお金を借金し賄う方もいます。これは別に借金が悪いものというわけでなく、一人暮らしの生活費、何かイベントで使う額まで借金で賄うことがよくありません。

自分を不利にしてるだけです。特に一人暮らしでの生活費、イベントで使う少額の借金は不利な状況以外にないです。

まずそうした借金がどうしていけないかですが、それは当然借金は利息をつけ返さなければならないこと。

そしてお金を借りるには信用が必要。そしてそれが高い方は消費者金融で借金はしません。

理由は消費者金融は利息が高く設定されてるから。単純に返さなければならないお金が増えるところから借りたくはありません。

ですが、利息がそれほど高く設定されてない銀行はお金を貸す時審査が厳しく、簡単に借金できず、だから審査の甘い消費者金融で借金。

その審査の甘い消費者金融は、一例としてある消費者金融の年利を上げれば実質年利4.5~18%。

これは例えばで、100万円を借金し1年後104.5~118万返済するということ。

これがどれだけ無駄かはわかるでしょう。さらに定額で借金したら、ほぼ最高年利で返済しなければならないのです。

定額で借金する最初の理由は些細なことが多い。

ですが簡単に借金できることがわかると、デメリットより、メリットに目が行き、それ以外に簡単にしてしまう方の多くは、利息という概念を持ってないことが多いです。

そして、利息は知っていても、そうした煩わしいのは無視する。ですが、借金すると嫌でも利息は支払います。そして、返し続けても、返す額が低くいつまでたってもほとんど元本返済できない状況になるのが多いよう。

お金は便利ですが、無駄、あるいは自分の裁量以上に使うと、苦しみのほうが多くなります。くれぐれも生活費、イベントのための借金をしないようにしましょう。

どうして貯金は必要なのでしょう。私の考えですが、一人暮らしでも貯金すれば精神的安定できます。

それは貯金がかることによりお金の不安が低下するから。一人暮らしならなおさらで、お金があるといった事実は精神的に心地よいのです。 

逆にないことは不安といったことがあり、全くないのと100万の貯金があるのとでは安心感が違います。

貯金=使えるお金で、できること、選択肢が広がる空です。

逆に貯金がないと選択肢が狭まり、自分に不利な状況が生まれやすくなります。例えば足を階段から踏み外し骨折し、突然体の調子が悪くなりびゅいんに行く。そうした時治療費は基本高いです。

骨折し治療しなければならず、体の不調も直すことに。

そうしたとき貯金がないと借金するしかありません。

by razaa 2016-01-22 21:10

.

最終更新日:2016-01-24 01:35

コメント (0)